« 十五夜の力士 | トップページ | 泣き相撲 »

2006年5月 6日 (土)

大絵巻展

 待ちかねていた京博での「大絵巻展」を見る。

 土曜講座がある日にと、前売券も用意し、今日を選んで早い目に行ったけれど、整理券が渡された後で、話を聞くことができなかった。 先週混乱したためなのであろう、急遽本日から特別展での講座は45分前に整理券が渡されることになったというチラシを手に、やむなく展示会場へ向かった。

 待ち時間50分~60分との案内、紫式部日記絵巻、源氏物語絵巻・鳥獣戯画の展示室に長蛇の列。ふだん書物で目に触れることの多い絵巻で、ほんの一場面だけが開かれているのだが、やはり本物を一目でという心理が働く。

 寺社縁起、高僧伝などほとんどの宗派があり、よく集められていた。絵解きのおもしろさにそれぞれの時代の風俗・習俗など知る楽しさが味わえる。

 じっくり見れば三時間以上はかかるであろうが、わたしは2時間くらいで引き揚げた。楽しくはあるが、やはり疲れた。

|

« 十五夜の力士 | トップページ | 泣き相撲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/1696574

この記事へのトラックバック一覧です: 大絵巻展:

« 十五夜の力士 | トップページ | 泣き相撲 »