« 内藤記念くすり博物館 | トップページ | 三河國の大相撲錦絵場所 »

2006年5月23日 (火)

日本史の一級史料

 新聞広告で、山本博文さんが「日本史の一級史料」(光文社新書)を出されたことを知り、さっそく本屋で買ってきて、往復の新幹線の中で読み通した。相撲史の研究をなさる方はぜひ読んでほしい。

 宮本武蔵の一次史料はほとんど無い(五輪書も武蔵が書いたものでない)が、忠臣蔵は豊富だ(書簡などがたくさん残されている)というところから始まり、何をどう読むか、新史料の発掘には外へ出よう、史跡散策は楽しい、とすすめ、インターネットで見られる十万件のデータの内容を紹介、研究方法についてアドバイスがある。

 結びに、江戸時代一級史料一覧、史料所蔵機関が載っている。

 

|

« 内藤記念くすり博物館 | トップページ | 三河國の大相撲錦絵場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/1897926

この記事へのトラックバック一覧です: 日本史の一級史料:

« 内藤記念くすり博物館 | トップページ | 三河國の大相撲錦絵場所 »