« 観音林 | トップページ | 山の上三太夫 その1 »

2006年12月 5日 (火)

秋津風と千年川

 八戸市から階上町にかけて秋津風、千年川関連の墓碑が多く、現在失われているものもあるという。

Photo_28  八戸市の新羅神社に「八戸地方相撲記念碑」がある。大日本相撲協会行司式守勘太夫書とあり、創立30周年に建てたもの。

 吹上1丁目の本寿寺に、力士供養碑があり、「南無妙法蓮華経」と上部にあり、下部に秋津風音右衛門、大碇仁兵衛、湊川富蔵、御崎野吉蔵の名(一部剥落)がある。天保十二年八月朔日とあり、行司や勧進元、世話人らの名があり、追善相撲を催して建てたものである。施主は碇綱五助。

1_3  その左隣に千年川音松の供養墓がある。やはり上部に「南無妙法蓮華経」とある。こちらは弘化四年十一月十一日とあり、施主に広岩哲之助、碇綱五助らの名がある。 

|

« 観音林 | トップページ | 山の上三太夫 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/4433141

この記事へのトラックバック一覧です: 秋津風と千年川:

« 観音林 | トップページ | 山の上三太夫 その1 »