« 鏡里碑 | トップページ | 観音林 »

2006年12月 2日 (土)

宮垣勝之助

 『福地村の文化財』に宮垣勝之助の墓が記されている。現在は南部町小泉。文化財マップの位置に着いたが墓が見あたらない。タクシーの運転手が会社に電話し、そこから村役場に電話し、墓は共同墓地に移されていることがわかった。

Photo_27  運転手もたいへん関心を寄せ、墓を見たいと先に立って坂を登る。墓地を見渡して、あれらしいとわたしが言い、左側に宮垣勝之助と刻んでありませんかというと、その通りです、どうしてわかるんですかと聞く。墓がここだよと招いているんですと答える。

 運転手は気味悪がって先に墓地を下りる。種を明かせば、その墓が大きく古い墓だったからである。

 『福地村の文化財』には、「八戸藩のお抱え相撲で、天保六年、七代信房公の葬儀の際に、大刀、小刀を帯び、裃姿で参列している。今でも「おおしも」という屋号で呼ばれている家がある。」とある。

 宮垣は文政末から天保十年にかけて江戸や上方の番付に名を見る。墓正面に法名、右側面に「天保十五甲辰年七月二十日」とある。

 

|

« 鏡里碑 | トップページ | 観音林 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/4394784

この記事へのトラックバック一覧です: 宮垣勝之助:

« 鏡里碑 | トップページ | 観音林 »