« 田山花袋の作品と相撲取 | トップページ | 一月場所から »

2007年1月17日 (水)

阪神淡路大震災から十二年

1090939_img  阪神淡路大震災から十二年、あの日の朝は起きていたので助かったものの、寝ていたらまともに顔に本棚が倒れてきていた。その日は何気なく職場に出て、昼になって初めて大きな災害が起こっていたことを知った。

 写真は東灘区の墓地にある震災犠牲者慰霊碑(左)、右は空襲犠牲者慰霊碑。

 大相撲七日目テレビ桟敷に座っていざ幕下の勝負をとかまえたら、千島の地震で津波警報が出て、残念ながら見ることができなかった。

 何でも亥年は災害が多いという。1923年の関東大地震、1959年の伊勢湾台風、1983年の日本海中部地震、そして1995年の阪神淡路大地震、遠くは1707年の宝永大地震・富士山噴火、1779年の桜島大噴火なども亥年。

 大相撲の方は結局朝青龍に、波乱なく終わりそう。自然災害はなくて、土俵上で波乱が起きる亥年でありたい。

|

« 田山花袋の作品と相撲取 | トップページ | 一月場所から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/4969436

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神淡路大震災から十二年:

« 田山花袋の作品と相撲取 | トップページ | 一月場所から »