« 角力風邪? | トップページ | 京町屋杉本家に番付 »

2007年2月11日 (日)

草津の板番付

 「草津の神社で相撲番付発見」という情報が2003年3月26日付で『修復家の集い』というHPに投稿されていることを今年になって知った。

 京都新聞の記事がもとになっているが、内容からみてわたしの手元にある草津円融寺での番付刷り物と同じものと推察、立木神社から草津宿街道交流館に寄贈されているので、拝見に訪れた。

 収蔵室から出してきてくださった板番付は見にくくなっているが、刷り物と力士の顔ぶれが一致、枠の右手に「明治二十二年四月吉祥日」とある。刷り物には年が記されていないので、これが収穫。

 異なるところは、行司欄の上部で、刷り物は「當ル四月廿日草津円融寺ニ於テ晴天一日興行仕候間賑々敷御入来ノ程伏テ乞フ」とあるが、板番付の方は「當ル四月廿日草津圓融寺庭内ニ於テ晴天一日興行仕之間御被誘合賑々敷御入来程偏ニ奉希上候」とていねいな表現になっている。

 勧進元は宮勇寅吉、力士は京都の小柳常吉、大阪の六ツヶ峯駒吉一行。頭取欄には近くの野々花墓地の無縁墓群にある荒寅末吉らが名を連ねている。

|

« 角力風邪? | トップページ | 京町屋杉本家に番付 »

コメント

 ただいま、草津周辺の力士について調べているものです。
 番付札の記事を読んでメールしました。
 草津では、昔の記録がほとんど無く、右も左も分からないことばかりですが、この前、鮎ケ浜仁兵衛・同寅吉という力士の墓、同じく江戸時代の力士と思われる荒馬安五郎の造立した墓ならびに狛犬をたずねました。
 まずはこれらの人々について調べていきたいと思います。
 今後、よろしくお願いいたします。

投稿: 角力 | 2008年4月29日 (火) 19時26分

滋賀県立図書館に私が書いた「京都・滋賀の相撲」という本がありますので、それを見てください。
 それに載っていない墓が見つかれば、ご教示ください。
 逆に墓が載っているのに、野路町の鮎ヶ瀧之碑など現在なくなっているものもあります。

投稿: 竹ヶ戸 | 2008年4月30日 (水) 07時06分

ありがとうございます
今後ともよしくお願いいたします

投稿: 角力 | 2008年4月30日 (水) 14時26分

ご無沙汰しております。
これまで膳所藩郡方日記を調べておりました。
その結果、先生の本に表れていない地元力士を何人か確認しました。そのことについてはあらためてご報告申し上げたいと思います。
 その中で竹川平六についてですが、彼が小柳兵六と名乗っていた文化3年(1806)、地元北山田での興行に絡んでとのことと思われますが、京都相撲とトラブルがあったようです。
 彼と北山田村庄屋が、京都役所に呼び出され、結果、両人とも村預、平六は追込となっています。
 彼の改名はそれ以後のことですので、改名の理由の一つに本件がからんでいるのではないかと考えています。
 先生のお考えはいかがでしょうか。
 本日はこれにて失礼いたします。

投稿: 角力 | 2008年5月17日 (土) 19時09分

 北山田村願主庄右衛門が三月五日より五日間の相撲興行願いという記事は確認しているのですが、もめ事の件には気がついていません。今一度県立図書館に行ってきます(7月下旬)。できたらお会いしてお話も聞きたいものです。
 野々花墓地には竹川平六かと思われる墓(しこ名のある供養墓と違う、小和田家慕域に)もあります。まだ子孫を訪ねて確認していません。

投稿: 竹ヶ戸 | 2008年5月18日 (日) 07時21分

 小柳平六を京都番付で見ますと、文化4,5年には名がありません。6年に小柳(場所前に改名しているかもしれません)、7年から竹川平六。
 2年間の追い払いだったのでしょうか。非常に興味のある出来事です。ご教示ありがとうございます。

投稿: 竹ヶ戸 | 2008年5月18日 (日) 08時02分

早速のお返事ありがとうございます。
 小柳平六の記事は、文化3年3月13日・3月21日・4月3日にあります。
 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 角力 | 2008年5月18日 (日) 17時34分

追伸
 私も先生に一度お会いしてみたいです。また、よろしくお願いいたします。

投稿: 角力 | 2008年5月18日 (日) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/5301544

この記事へのトラックバック一覧です: 草津の板番付:

« 角力風邪? | トップページ | 京町屋杉本家に番付 »