« 相撲と子ども展 | トップページ | 宇治の碑 »

2007年2月25日 (日)

「近世大坂相撲の興行史的側面」

 藝能史研究會の2005年10月の例会で発表された中川桂さんの「近世大坂相撲の興行史的側面」の発表要旨が『藝能史研究』第173号に載っている。

 相撲興行の基礎的事項を整理、相撲櫓の認可や興行地、興行形態の変遷などを述べ、今後は日記の記事中に現れる勧進相撲や稽古相撲を検討していくことが必要だとしている。

 恥ずかしながら地元のこの研究発表を聞き逃した。

|

« 相撲と子ども展 | トップページ | 宇治の碑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/5482640

この記事へのトラックバック一覧です: 「近世大坂相撲の興行史的側面」:

« 相撲と子ども展 | トップページ | 宇治の碑 »