« 宇治の碑 | トップページ | 堺の秋津川 »

2007年3月 3日 (土)

遊行寺にある不知火墓

 毎日新聞の地域版に「菊水丸の墓標慕情」という記事が連載されていて、3月1日に大阪下寺町の円成院(遊行寺)に墓がある小野川喜三郎が取り上げられていた。

 その記事の片隅に円成院には八代横綱不知火諾右衛門の墓もあると書かれていたが、あるのは二代目不知火諾右衛門で、明治五年に横綱を許された不知火光右衛門が二代目を襲名した。墓にも「二代目」と刻まれているのだが、二代目の名乗りは光右衛門と決めてかかっているのがまちがいのもとであろう。

 『和の学校』というHPの中に「力士の墓石が語るもの」というのがあるが、そこでもまちがって初代不知火諾右衛門の話が語られている。

 初代不知火諾右衛門の大阪にあるはずの墓はまだ見つかっていない。

|

« 宇治の碑 | トップページ | 堺の秋津川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/5551986

この記事へのトラックバック一覧です: 遊行寺にある不知火墓:

« 宇治の碑 | トップページ | 堺の秋津川 »