« 山錦善治郎が氏神に奉納 | トップページ | 山田の力士たち »

2007年4月11日 (水)

伝法の初勢野

 番付にはしこ名の頭に地名が書かれている。今は出身地を表しているが、江戸時代は所属の相撲集団の名が書かれているのが原則。ここに抱え藩の名や河内、摂津など広範囲の国名の他に小さな村落の地名も混じっている。これも相撲集団を表している。

 「伝法」と表記されているのは現在の大阪市此花区。ここに初瀬(勢)野というしこ名が受け継がれていた相撲集団があった。

 この地域は鴻池組の地盤。正蓮寺には鴻池代々の大きな墓が境内から墓地にまで多く見られる。数年前鴻池組の新しい社史を出すというので朝日嶽留蔵についてのことを尋ねられたが、一の濱音吉についても触れられているのだろうか? 新しい社史はまだ見ていない。

 正蓮寺には初勢野卯之助(文化十四丁丑八月六日)の墓がある。が、天保の初瀬野亀吉(八瀬野亀之助)や安政の初瀬野政吉の墓は見あたらない。

|

« 山錦善治郎が氏神に奉納 | トップページ | 山田の力士たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/6051061

この記事へのトラックバック一覧です: 伝法の初勢野:

« 山錦善治郎が氏神に奉納 | トップページ | 山田の力士たち »