« 牟呂八幡宮の神事相撲 | トップページ | 茨木市の力士たち »

2007年4月15日 (日)

「磐南の暮らしを支えた文化財」

 『磐南の暮らしを支えた文化財』という本を杉浦弘さんからいただいた。磐田市、袋井市にある文化財が建造物、美術・工芸、書跡・典籍、古文書、歴史資料、戦争資料、教育資料、衣食住、遊び、生産・生業、交通・通信、技能、信仰・民俗、史跡、自然・名勝に分類されて収録され、180ページにも及ぶ。

 遠州は風が強いところで最近もそういったニュースが流れているが、天竜川の氾濫とともに水や風に対するいろいろな工夫が見られるのに感心する。家庭でのいろいろな道具もまたなつかしい。

 相撲関係も豊富。角力歩分興行約定書、四本柱免許状、明香寺の山本瑞雲作の相撲木像、メンコ、須賀神社の奉納相撲など。

|

« 牟呂八幡宮の神事相撲 | トップページ | 茨木市の力士たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/6097683

この記事へのトラックバック一覧です: 「磐南の暮らしを支えた文化財」:

« 牟呂八幡宮の神事相撲 | トップページ | 茨木市の力士たち »