« 恐竜化石発掘に沸く山南町 | トップページ | 氷上町の霧山 »

2007年4月25日 (水)

柏原

 福知山線脱線事故から2年目、今も現場を通る列車は速度を落として通過する。前日西紀町に力士墓を探しに行って過密ダイヤと列車の遅れに驚いた後だけに、通過する度に黙祷している。

 この大阪から福知山まで列車を通すことに尽力したのが柏原(かいばら)出身の代議士田艇吉で、弟の孫に田英夫がおり、先祖に元禄期の俳人田ステがいる。六歳の時詠んだという「雪の朝 二のじ二のじの 下駄のあと」が有名で、田ステ女公園や記念館がある。

 町は整備されて太鼓櫓など城下町の面影を残す。八幡神社には美しい三重塔や銅鐘があり、神仏混淆の名残を残していてうれしい。絵馬堂には相撲番付が8枚掲げられているが、すべて判読は困難。相撲が盛んに行われていたと思われるが、力士墓碑は一つも発見できていない。

|

« 恐竜化石発掘に沸く山南町 | トップページ | 氷上町の霧山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/6204136

この記事へのトラックバック一覧です: 柏原:

« 恐竜化石発掘に沸く山南町 | トップページ | 氷上町の霧山 »