« 曽我の傘焼まつり | トップページ | 旧奇集 »

2007年5月 7日 (月)

墓が沈んでゆく

 巨人力士龍門好五郎の足跡を訪ねて瀬戸内海の屋代島へ行ったとき、墓が沈んでいくと聞きました。

 大山梅五郎の郷里にある供養塔が15センチも沈んでいたとは、びっくりしました。コメントをいただき、さっそく確認しました。色が異なっているので、はっきりわかります。

 [kuniyama]でブログ検索すると見られます。小野川、岩井川の墓や豊真将、豊響の母校なども見られます。

|

« 曽我の傘焼まつり | トップページ | 旧奇集 »

コメント

西方寺の岩井川の墓に付いては来月頃故郷に
行く予定ですので調べてみます。分かりましたらコメントします。

投稿: kuniyama | 2007年5月 9日 (水) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/6332823

この記事へのトラックバック一覧です: 墓が沈んでゆく:

« 曽我の傘焼まつり | トップページ | 旧奇集 »