« 五月場所 | トップページ | 「なりた」№99 »

2007年6月 4日 (月)

文化15年の記録

 文化15年2月の勝負付けについて「相撲史発掘」第55号が疑問を投げかけています。5日目中入り前は○戸田川●龍門、○桟●緋縅、千田川ー高根山は無勝負、○雲早山●玉垣が『相撲起顕』に脱落しているようです。

 9日目に下位の記録が載っていないのは、なにかの催しがあって実際に行われなかったのではないかと思われます。

 この場所『諸国相撲帳』に「3月4日より大相撲初日御座候、縄張壱人相撲出申候」とあり、3月に行われたようですが、別の勝負記録には「文政元歳戊寅初夏江戸浅草大護院境内に於いて晴天十日大相撲興行」とあり、『相撲起顕』と似た記録が載っています。上記5日目の洩れもそれに基づきます。番付の蔵前八幡と勝負付けの浅草大護院は同じ場所です。

 夏に延びたため、その年京、大坂の興行は中相撲の力士だけで行っています。

 3月にあり、5月にも行ったのか、他の史料にもあたっていかないと、現時点では何とも言いかねます。

|

« 五月場所 | トップページ | 「なりた」№99 »

コメント

先日田舎にかえりました。西方寺の岩井川の墓
はあります、辺りはかなり整地されていました。本日メールで送りましたがエラーが出ていましたので着信されたか不安になりコメントしました、必要であれば再度おくります。

投稿: ykunio | 2007年6月 4日 (月) 15時00分

 お知らせいただきありがとうございました。安心いたしました。

 

投稿: 竹ヶ戸 | 2007年6月 4日 (月) 21時41分

「初夏」とは旧暦四月ではないかと
思います。
 旧三月が翌月まで延びたのでは
ないでしょうか…。

投稿: 田中 健 | 2007年6月18日 (月) 20時47分

 日付は始まった時点での表記となるのが一般的ですので、旧暦4月22日以降の開催と思われ、別々のものという可能性が高いと推察していますが、現時点では他の史料発掘待ち待ちというところです。

投稿: 竹ヶ戸 | 2007年6月18日 (月) 23時07分

文化15年春4日目の荒馬の相手が『相撲史』㊤で幕下下位の七ッ滝とありますが
『相撲起顕』では彼は三段目3小柳(のち
横綱阿武松)と対戦しています。一方、
荒馬は七ッ海が相手と記載、しかし江戸
期にそんな力士は該当者がなく、これは
『起顕』の誤謬と断定すべきでしょう。
いただいた史料コピーにより荒馬対越ノ
海の取組があり、結果は無勝負でこちら
が真実と考えます。

投稿: 田中 健 | 2007年7月16日 (月) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/6659722

この記事へのトラックバック一覧です: 文化15年の記録:

« 五月場所 | トップページ | 「なりた」№99 »