« 豊楽殿の発掘 | トップページ | 栃光正之がテレビドラマに »

2007年9月19日 (水)

新たに雷電像

 雷電為右衛門のふるさと東御市滋野にある道の駅「雷電くるみの里」に化粧廻し姿のブロンズ像が建ち、17日に除幕式が行われた。

 「信濃毎日新聞」のニュースを見た後も、柏野さんからその記事がメールで送られてきた。

 同市出身の彫刻家竹内不忘さんの作で、同氏の雷電取り廻し像は昭和61年に市民広場に建てられている。 

 雷電の墓や碑がある佐倉市からは妙覚寺住職が開眼法要を行い、佐倉太鼓の熱演などもあった。

|

« 豊楽殿の発掘 | トップページ | 栃光正之がテレビドラマに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/8011360

この記事へのトラックバック一覧です: 新たに雷電像:

« 豊楽殿の発掘 | トップページ | 栃光正之がテレビドラマに »