« 小野川濱五郎 | トップページ | 朝日山の地盤 »

2007年10月13日 (土)

初嵐丑松

 御所市本町の眞龍寺に河内国柏原出身の侠客初嵐こと今田丑松夫妻の碑(大正六年十月建)があり、玉垣に大阪相撲協会の刻銘がある。墓域には初嵐が世話になったという〆の森(明治十四年八月廿一日)や二代初嵐こと南口利造などの墓もある。

 鴨波津神社の狛犬は、向かって右が初嵐、左が京亀の奉納(明治三十四年六月)。

 当麻相撲館所蔵の番付に高田、五條、吉野などで興行された番付(大正末から昭和の初め)があるが、それらに総理今田丑松とか、後見今田丑松の名を見る。

|

« 小野川濱五郎 | トップページ | 朝日山の地盤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/8383258

この記事へのトラックバック一覧です: 初嵐丑松:

« 小野川濱五郎 | トップページ | 朝日山の地盤 »