« 「狩野永徳」展 | トップページ | 住ノ江濱之助 »

2007年11月 5日 (月)

八尾ヶ関、多賀ノ浦

 天保十二年尾張国海部郡草平村(現愛西市)出身の八尾ヶ関宗十郎は大関まで進んで、三保ヶ関を襲名、明治四十二年十二月十三日に亡くなった。

 奈良市の霊厳院で葬儀が行われたが、京谷家の檀家もなく、墓所は不明。

 明治三十年愛知県渥美郡杉山村(現豊橋市)生まれの多賀ノ浦作太郎は高田川部屋に入って関脇まで進んだが、引退後は枚方市で肉屋を営み、昭和二十年四月五日に亡くなった。

 奈良市富雄元町の四天王寺大和(ダイワ)霊苑八区の稲石家墓地に眠る。

|

« 「狩野永徳」展 | トップページ | 住ノ江濱之助 »

コメント

多賀の浦の化粧回し姿他の写真を探しています。ご存じであればお教えいただけないでしょうか?
勝手申し上げますが宜しくお願いします。

投稿: Proess KH | 2017年3月24日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/8764070

この記事へのトラックバック一覧です: 八尾ヶ関、多賀ノ浦:

« 「狩野永徳」展 | トップページ | 住ノ江濱之助 »