« 天理図書館綿屋文庫俳書集成 | トップページ | 田布施から柳井へ、そして通津、高畑 »

2008年1月26日 (土)

河鍋暁斎

 成田山霊光館から『なりた』№101と新春特別展の案内をいただいた。

 館報『なりた』の「5代市川団十郎と成田山」は5代団十郎と成田山との関わり方が詳しく紹介されており、隠居した住まいを反古庵と呼び、自らもそれを号として用いたいわれなども記されている。

 霊光館では『天才絵師河鍋暁斎』、成田山書道美術館では『酔うて候~ 河鍋暁斎と幕末明治の書画会』展が催されている。ともに2月11日まで。節分には力士たちも豆まきにやってくる。日曜日でもあり、この機会に訪ねたいものである。

 京都国立博物館でも4月8日から5月11日まで、歿後120年を記念して『河鍋暁斎』(仮称)展が催される。

|

« 天理図書館綿屋文庫俳書集成 | トップページ | 田布施から柳井へ、そして通津、高畑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/10079992

この記事へのトラックバック一覧です: 河鍋暁斎:

« 天理図書館綿屋文庫俳書集成 | トップページ | 田布施から柳井へ、そして通津、高畑 »