« 安楽田は荒馬吉太郎 | トップページ | 桜斎随筆 »

2008年1月 9日 (水)

金石の墓は龍田川と茂り山、そして湊川

 Kenさんからコメントをいただき、それに応えて金石に行っていないように記しましたが、もう30年以上前に訪ねていました。

 本龍寺には龍田川と茂山弥吉(天保三年十一月十二日)があります。また、道入寺には湊川四郎兵衛碑(大正二年十一月建)があります。このあたりは湊川系の地盤です。

 銭屋五兵衛記念館には行ってみたいと思っています。

|

« 安楽田は荒馬吉太郎 | トップページ | 桜斎随筆 »

コメント

さすがですね。
早速手持ちの番付で照合しました。

真ん中が相撲と記した番付の西方前頭三枚目に加賀・湊川四良兵衛とありますね。
安政三年には番付真ん中の大相撲と記した真下に江戸年寄り七人の中に名を連ねてます。

あとの二人は保存状態が悪いのと学力不足で見当たりませんね。

蒙御免の江戸相撲の方は天保・弘化・嘉永・安政・万延・元治・明治の殆ど本所回向院境内で興行が行われてますが、文政八年のは芝神明宮境内で行われてます。
この時の東西大関は源氏山吉太夫(破損があり読みにくいので違ってるかも)と四賀峯東吉です。
この頃は露天で行われていたのでしょうね。「晴天十日興行」と書かれてますね。

相撲の事は余り知らないので、初歩的話でお許し下さいね。

投稿: ken | 2008年1月 9日 (水) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/9787007

この記事へのトラックバック一覧です: 金石の墓は龍田川と茂り山、そして湊川:

« 安楽田は荒馬吉太郎 | トップページ | 桜斎随筆 »