« 時津風部屋問題 | トップページ | 「相撲と広告」展 »

2008年2月11日 (月)

お相撲さんはスゴイのだ

 ことしいただいた年賀状の中で一番感動したものを紹介する。送ってくださったのは学生の頃から「大相撲」誌で活躍の I さん、 福祉のお仕事から得られたことが長い詩でつづられている。その中の結びの一部。

 あの子と同じにこの子は別に   合わない教師ははずしてと   組み分け頼む 親が 増え   それなら 会社でどうするの   それより 会社に入れるの   働かなくちゃと 思えるの

(中略)

 その点力士はとに角えらい   職住一致の大部屋暮らし   親方 関取 兄弟子からも   違う指令を 次々受けて   何とかかんとかこなしてく   付人もして 相撲も取って   ケガをかばって取り口変えて 

 たまにのぞくは転職雑誌   今日も誰かが辞めるとか   だけど出世も もしかして     迷い、葛藤、また迷っても   二十四時間、個室なし  お相撲さんはスゴイのだ

|

« 時津風部屋問題 | トップページ | 「相撲と広告」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/10418295

この記事へのトラックバック一覧です: お相撲さんはスゴイのだ:

« 時津風部屋問題 | トップページ | 「相撲と広告」展 »