« 田布施から柳井へ、そして通津、高畑 | トップページ | お相撲さんはスゴイのだ »

2008年2月10日 (日)

時津風部屋問題

 もう2年くらい前から新聞は購読していないし、週刊誌は見ないし、情報には疎いが、逮捕された三力士と時太山は親方の付け人であったのだろうか? 鉄砲柱に縛ったのはその間ちゃんこに?

 三力士は運が悪い、同情したくなる。欠場しても捜査に協力しているということで番付の位置を下げずにそのままにしたのに、次の場所はどうするつもりだろう。

 とにかく元親方だけが罪をすべてかぶるべきで、三力士は処分保留で釈放され、土俵にも戻れるようにしてやりたいものだ。

 そして、各部屋それぞれ独自の、そして、伝統ある稽古をやってもらいたい。画一化され、荒稽古がなくなることが心配だ。

|

« 田布施から柳井へ、そして通津、高畑 | トップページ | お相撲さんはスゴイのだ »

コメント

今回の一連の事件について、北の湖理事長の責任問題が大きく取り上げられているが、誤解を承知で私の思いを書かせていただきます。日本相撲協会の理事長の役職は、プロ野球・プロボクシングでいえばコミッショナーの地位に相当すると思います。プロ野球選手・プロボクシング選手が不祥事を起こせば球団または、所属ジムに非難がいくがコミッショナーにはそれほど行かないばかりか、逆に当該球団に指導する立場になり、マスコミもトップの責任追及まで及ばないと思います。人1人が亡くなっているので、軽はずみには語れませんが、北の湖理事長にも同情します。前時津風親方については当然の報いと思います。

投稿: 一相撲ファンより | 2008年2月10日 (日) 13時24分

相撲を愛する者には今回の事件には胸がいたみます、元親方に対する憎しみと兄弟子達の不運には言葉がありません、私の先祖、故郷には多くの力士がいて、私が物心付く頃から祖父に連れられ巡業相撲を見に行っていました、学徒動員では力士達と一緒の事もあり残念でたまりません。今月、祖父の法事で故郷へかえりますが、岩井川の墓参、梅ヶ谷の故郷等も訪ねる予定です。

投稿: | 2008年2月10日 (日) 22時38分

 理事長は相撲協会運営の任にあたる最高責任者です。当然責任は免れません。

投稿: 竹ヶ戸 | 2008年2月11日 (月) 08時23分

理事長にも当然責任があり、責任は免れませんが、あのマスコミの報道には疑問を感じます。あの横綱北の湖の人格を全面に否定されているだけに悲しく思いました。

投稿: 一相撲ファンより | 2008年2月11日 (月) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/10384475

この記事へのトラックバック一覧です: 時津風部屋問題:

« 田布施から柳井へ、そして通津、高畑 | トップページ | お相撲さんはスゴイのだ »