« 新収蔵資料展ー大阪歴史博物館 | トップページ | 時津風、そして二ッ龍 »

2008年4月13日 (日)

出石でびっくり

 『広報とよおか』2007.9.25の“豊岡の宝探し26”では寺坂地区(出石)を取り上げ、その中で〈お相撲さんの墓〉を写真入りで紹介している。

 そして「日野辺地区には、お相撲さんの墓があります。昔、大洪水があったときにお相撲さんの死体が川上から流れてきて、村人たちが墓を造り、供養したといわれています。また、お相撲さんは関取なので、験(げん)を担いで、咳を取ってもらうようお参りをする人もあったそうです。」とある。

Photo  見に行って驚いた。せいぜい宝暦以降の人物かと思っていたら、自然石に「本覺ジュ香信士(ジュは「樹」が木偏でなくサンズイ偏)」と中央にあり、「享保七壬寅年六月二十四日」という古い年号。さて、誰でしょう。   

 出石川も円山川も昔から洪水で悩まされている。2004年の台風23号による洪水でバスの上で歌を歌いながらがんばっていた人のことなどが思い出される。今もその対策で川幅を広げる工事があちこちで行われている。

 出石では永楽館という近畿最古の芝居小屋が復活、城下町にふさわしい建物で、8月1日から5日まで松竹歌舞伎によるこけらおとし興行が行われる。

|

« 新収蔵資料展ー大阪歴史博物館 | トップページ | 時津風、そして二ッ龍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/20200156

この記事へのトラックバック一覧です: 出石でびっくり:

« 新収蔵資料展ー大阪歴史博物館 | トップページ | 時津風、そして二ッ龍 »