« 高砂、向日神社に鳥居 | トップページ | 大阪歴史博物館 共同研究成果報告書 2 »

2008年5月 7日 (水)

天璋院篤姫展

 大阪歴史博物館で催されている「天璋院篤姫展」、こちらも超満員。200点余りのゆかりのものが展示されていて、みな熱心に眺め、解説に目を通していて、列はほとんど動かない。

 衣装、道具などの豪華絢爛さには目を見張るばかりだが、取り交わされた書簡が斉彬、天璋院はもちろん、幾島などのものもあり、いろいろかけひきをめぐっての心情がおもしろい。

 幕末薩摩藩支援に走った陣幕久五郎、建碑狂とも言われるが、吉利の園林寺跡にある小松家歴代墓地に灯籠を献じていることが、置かれていた鹿児島県のパンフレットでわかった。ネットでも小松家墓地の見取図が取り出せる。

 6月1日(日)まで、火曜日休館。

|

« 高砂、向日神社に鳥居 | トップページ | 大阪歴史博物館 共同研究成果報告書 2 »

コメント

先日実家で姉から私の女学校の友人に小野川
才助の子孫がいたとの話を聞き会いたいと言いました所、入院中で緑川林蔵の生家の近くのようでした、大学の同窓会が篤姫の里、指宿で卒業56年目で行うとの事で夫婦で出席する事にしています。毎回、竹ヶ戸様のブログを拝見させて頂いております。

投稿: kuniyama | 2008年5月 7日 (水) 20時45分

 いつも見ていただき、そしてご教示いただきありがとうございます。
 最初に小野川を訪ねたとき、一家は南米に移住されているとも聞いています。
 

投稿: 竹ヶ戸 | 2008年5月 8日 (木) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/20814027

この記事へのトラックバック一覧です: 天璋院篤姫展:

« 高砂、向日神社に鳥居 | トップページ | 大阪歴史博物館 共同研究成果報告書 2 »