« 安政三年成田山開帳に佐渡ヶ嶽 | トップページ | 横綱になったんや 母ちゃん »

2008年6月24日 (火)

梅林力之助

 『名墓録』というHPに「梅林力之助 仙台市荒町昌伝庵 力士・江戸相撲」とある。

 湖沼山さんが移転した東漸寺の谷風梶之助の墓を見に行くというので、ついでに昌伝庵を訪ねてきて欲しいと頼んだところ、あらかじめ寺に問い合わせ、「東京大相撲一同立之 明治32年10月20日行年44歳」とあり、竿石の部分が2尺はある立派な墓ですなどの回答を得、この14日地震で大きく揺れる車にびっくりしながら訪ねてきてくれた。

 梅林の墓の台石正面には「世話人 鳳凰馬五郎 若藤永吉 九代目式守伊之助」とあることが判明、番付には明治18年5月から32年5月まで長く二段目に名があり、現役死亡。

 谷風の情報は他からも入ってきているが、やはり「谷風梶之助碑」と「日下開山谷風之碑阿里」の標柱しかなく、達ヶ關夫妻の墓、谷風の子孫らの墓は見あたらなかった由。

  

|

« 安政三年成田山開帳に佐渡ヶ嶽 | トップページ | 横綱になったんや 母ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/21852119

この記事へのトラックバック一覧です: 梅林力之助:

« 安政三年成田山開帳に佐渡ヶ嶽 | トップページ | 横綱になったんや 母ちゃん »