« 関野準一郎の東海道五十三次展 | トップページ | 「京の火災図」展を見る »

2008年7月30日 (水)

わが名を初めて番付に見る

 若き頃木瀬道場に通ったけれど、身長・体重とも基準に達せず、番付に名を載ることもなく、齢を重ねてきたが、このほど初めてわが名が番付に載った。

 最下段と思いきや二段目に、「京 竹△ □」とある。勧進元は葛城市観光協会、七月十二日に現役力士安全願並びに物故力士追善法要第三回葛城市ワンパク相撲大会が相撲館「けはや座」で開催された時の番付で、横綱も大関もない平等の文字の大きさで書かれている。これは珍番付、将来高値を呼ぶやもしれぬ!?。

 これを企画された関係者の方々、御苦労さま、感謝感激。

|

« 関野準一郎の東海道五十三次展 | トップページ | 「京の火災図」展を見る »

コメント

貴ホームページに於いてご紹介ありがとうございます。ワンパク力士、関係者などの他、甚句会、及び相撲館でお世話になっている皆様に趣旨をご理解いただき、番付に名前を記載する事をを快く承諾いただきました。しかし、番付に名前が載っていなくて、当館に御協力している方も多々おられまして、今回名前が載っていない方はご容赦ください。

投稿: | 2008年7月31日 (木) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/22648173

この記事へのトラックバック一覧です: わが名を初めて番付に見る:

« 関野準一郎の東海道五十三次展 | トップページ | 「京の火災図」展を見る »