« 幕末明治の銅板画 | トップページ | ふみ子の海 »

2008年7月 7日 (月)

狩野山雪筆「老梅図襖」

 昨日、天祥院で両親の法事を行った際、このほど文化財未来継承プロジェクト「綴」によって複製された、狩野山雪筆の「老梅図襖」を見せてもらってきました。

 明治19年に火災で門などを除いて失われていますが、この絵はそれ以前に流失、今はアメリカのメトロポリタン美術館にあります。デジタルアーカイブからさらに発展させた技術で試みられた第1期5作品の一つです。

 右手に太い幹が描かれ左に大きく枝が屈折しながら伸びています。金箔もみごとでとても複製とは思われない迫力のある作品でした。

|

« 幕末明治の銅板画 | トップページ | ふみ子の海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/22125468

この記事へのトラックバック一覧です: 狩野山雪筆「老梅図襖」:

« 幕末明治の銅板画 | トップページ | ふみ子の海 »