« 相撲絵の研究論文 | トップページ | 地方興行の免許状 »

2008年8月31日 (日)

「力士の考古学」展

 かみつけの里博物館(高崎市井出町1514)では9月29日(月)から11月9日(日)まで、「力士(チカラビト)の考古学ー相撲は、古墳時代に伝来した」展が催される。

 11月2日(日)13時30分からは「鎮魂の芸能者ー相撲人」と題して、若松良一さん(埼玉県立嵐山史跡の博物館)の講演がある。

 観覧料大人400円、火曜日休館。

 以上、柏野さんからの情報。 

|

« 相撲絵の研究論文 | トップページ | 地方興行の免許状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/23372404

この記事へのトラックバック一覧です: 「力士の考古学」展:

« 相撲絵の研究論文 | トップページ | 地方興行の免許状 »