« 「京の火災図」展を見る | トップページ | Fさんからの贈り物 »

2008年8月10日 (日)

朝日山=山本山

 観音の里高月町では8月に「ふるさとまつり」を催し、ふだんは見られない地区の観音さまも拝することができます。

 巡回バスが出ていますが、南のコースを歩きました。宇根の冷水寺にある十一面観音にはX線撮影で胎内仏があることがわかり、織田・浅井の戦いで焼けたのを村人たちが新しく造った像の胎内に納めたといいます。

 西阿閉の竹蓮寺にある宝冠阿弥陀如来も古く平安時代のもので、町指定。このあたりはヤンマージーゼル創業者の出身地で、その工場が多い。

 近くの山本山は朝日山ともいい、朝日山神社には土俵があって、放生会に相撲が奉納されています。この山本山は近江源氏の山本義経の居城があった所とされ、史料的に問題のある源義経はこの人では?といわれたりしています。

 この山本山の麓を通り、湖岸へ。片山観音堂、さらにトンネルを抜け、西野の薬師観音堂と正妙寺の千手千足観音を拝し、松尾寺の十一面観音、重則の普門寺にある聖観音を訪ね、渡岸寺へ。ここがゴールで、今年からスタンプラリーがあってスタンプの数によって抽選で土地の名品がいただけることになっていたんですが、たくさんの人で用意されていた分は既になくなっていました(別のものをいただいてきました)。

 この道筋にある墓地を見て歩いたんですが、ほとんど建て替えられていて、力士の墓は見つかりませんでした。

 木村正直さんから朝日山親方との連名で三役格昇進の挨拶状が届きました。

 巨漢の山本山も関取昇進で話題になっています。 

|

« 「京の火災図」展を見る | トップページ | Fさんからの贈り物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/22892157

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日山=山本山:

« 「京の火災図」展を見る | トップページ | Fさんからの贈り物 »