« 上越市牧歴史民俗資料館で草相撲展 | トップページ | 「力士の考古学」展 »

2008年8月23日 (土)

相撲絵の研究論文

 2007年度の研究論文の中で相撲に関するものにどのようなものがあるか、国会図書館で検索、その中から関西館にもある次の2点を見に行った。

 一つは大久保範子さんの「相撲博物館所蔵〈釈迦ヶ嶽雲右衛門等身大像〉について」(筑波大学芸術学研究誌『藝叢』第24号)。

 もう一つは森英一さんの「久隅守景〈相撲図〉について」(金沢大学教育学部紀要(人文科学・社会科学編) 第57号)。

 ともに微に入り細にわたって、似た絵や落款などを比較分析、作画期などについて述べており、いろいろ教えられることが多い。

 釈迦ヶ嶽の方は生月や大空についても触れている。

|

« 上越市牧歴史民俗資料館で草相撲展 | トップページ | 「力士の考古学」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/23181951

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲絵の研究論文:

« 上越市牧歴史民俗資料館で草相撲展 | トップページ | 「力士の考古学」展 »