« 阿蘇森、玉簾 | トップページ | そろい踏み »

2008年9月15日 (月)

高岡の武蔵川碑

 初日の挨拶、新理事長となった武蔵川はお詫びの挨拶をした。評判の悪かった前理事長と違って意気込みも見られるので期待される。

 幕末の高岡出身の武蔵川碑が移されていると、壬午山、柏野両関から聞いているので見に行く。確か古城公園とうかがった記憶があるので朝8時から見て回るが、見あたらない。土俵場の脇にあるのは長谷川義起の取組像。公園の地図にも碑や彫像の位置が示されているが、武蔵川碑は記されていない。博物館、神社、体育館に尋ねても知らないという。公園のことなら管理事務所にというのだが、動物園の中にあって9時にならないと入れない。

 所長「ここの許可がないと建てられないし、そのような話を聞いたことがない。」どうやらわたしの記憶違いのようだ。

 あきらめて堀の東側を城光寺をめざして歩く。と、「おい、通り過ぎるな」の声、見ると神明社の矢印、中川本町の住居表示。ひょっとしたら奉納番付でもあるかも、と入っていくと、「あった!」。またまた霊が呼んでいた。

Photo  説明板もある。「幕末期の力士 武蔵川大次郎の碑 鬼津可む勢あ里し武蔵川 以まは越路に老をたのしむ 武蔵川大次郎   県道桜馬場通り移転中事業に伴い、この地に移転す 平成十一年九月八日」

 左面の碑文は摩滅して判読がむずかしいが、『高岡に在る墓碑』に碑文が載っている。

 墓のある宗円寺が城光寺25-1に移っているので訪ねる。昭和二十八年に武蔵川達雄さんが建てた墓、ひとりひとりの名は刻まれていない。達雄さんから四代高岡漆器の伝統を受け継いでおられる名工の家柄である。

|

« 阿蘇森、玉簾 | トップページ | そろい踏み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/23755093

この記事へのトラックバック一覧です: 高岡の武蔵川碑:

« 阿蘇森、玉簾 | トップページ | そろい踏み »