« 北上市黒岩・二所ノ関 | トップページ | 信楽にある力士墓 »

2008年10月 7日 (火)

若之浦、雲生嶽

 『堀村の歴史』(塩見昭吾著、平成19年4月発行)という本に、「大相撲の見物について」という項があり、文政三年八月に殿様が大角力を見るにあたって、町の者にも見せてやってはとの思し召しがあったが、見物は相成らずの法があるのでお断りした。しかし五十歳以上の者は見物してもよいことになった、という文書が紹介されている。

 いい殿様です。今は七十歳以上は無料となる催しものがあるが、当時は五十歳をその目安としたことに、ナルホドの感。福知山藩でのできごと。

1252503_img 1252510_img  本には夜久野に豊嶋、奥榎原に若之浦、雲原に君ヶ嶽、大門・鴫原に雲生嶽の碑が建っているとあるので、未見の若之浦と雲生嶽を訪ねる。

 若之浦(森田姓 萬延二年三月、ヒイキ・當村門弟中建)は奥榎原の入口に地蔵と並んで、雲生嶽(昭和四十年十月建 雲生嶽若者中)は大門ではなく今安・鴫原にあり、やはり地区の南はずれにあった。形態から地元の頭取と思われる。

|

« 北上市黒岩・二所ノ関 | トップページ | 信楽にある力士墓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/24326359

この記事へのトラックバック一覧です: 若之浦、雲生嶽:

« 北上市黒岩・二所ノ関 | トップページ | 信楽にある力士墓 »