« 優勝力士記念碑 | トップページ | 生き残りの門 »

2008年10月26日 (日)

荒木山、熊ヶ嶽ら

 日田から中津へ、耶馬溪を通って出る。中津市の順慶寺で荒木山紀念碑を見る。墓地入口に、基壇が何段にもあり、見上ぐるばかりの立派なもの。明治貳十三年八月十九日とある。

1252593_img  豊前松江へ。熊ヶ嶽碑は駅近くの民家の前にあった。これまた大きい。どこかから移しているらしく、台石の下部が新しい石組みで隠れている。その台石には、小錦、梅ヶ谷、源氏山、陣幕、谷嵐などの名が刻まれている。下部が見えないからおもしろい。明治四十年十二月建。

 宇佐市上時枝にも熊ヶ嶽墓があるが、こちらは未見。

 松江から八屋へ歩く。豊前市前川に、横道に入って逆方向に向かっていることに気づいた時、目の前に文司ヶ関浪右衛門(門司ヶ嶽ではない)。またまた霊が呼んでいた。よじ登れない所にあって年月日など確認できず。

 八屋の共同墓地に、浦風孫輔(嘉永六年十二月四日)、柴津山半兵衛(天保十年三月廿一日)、栄松清四郎(明治二十年八月十五日)

|

« 優勝力士記念碑 | トップページ | 生き残りの門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/24752049

この記事へのトラックバック一覧です: 荒木山、熊ヶ嶽ら:

« 優勝力士記念碑 | トップページ | 生き残りの門 »