« 生き残りの門 | トップページ | 雲早山鉄之助と相撲錦絵展 »

2008年10月28日 (火)

大相撲展 ー相撲の歴史と名横綱双葉山伝説ー

 宇佐風土記の丘が見えてきて、ようやく大分県立歴史博物館に着く。

 明治40年に発行された「ホーム」という新聞の日曜付録が珍しい。双葉山関係のものは景山さんのコレクションが宇佐市に渡っているので多彩である。

 常設展の古墳出土品、磨崖仏、宇佐神宮・富貴寺などの文化財など多彩で、いろいろ楽しんできた。

1262617_img  交通の便が悪いのが玉に瑕? 観客の入りが少ないのが気がかり。

 運動公園の相撲場前に立つ双葉山像に別れを告げて、二日間の旅を終える。

|

« 生き残りの門 | トップページ | 雲早山鉄之助と相撲錦絵展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/24800893

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲展 ー相撲の歴史と名横綱双葉山伝説ー:

« 生き残りの門 | トップページ | 雲早山鉄之助と相撲錦絵展 »