« 黒虎相撲など | トップページ | 荒岩甚左衛門、大湊宗七、勇瀧弥吉 »

2008年11月 8日 (土)

岡田中の糸柳

 『ふるさと岡田中』(昭和63年11月、郷土誌岡田中編纂委員会編、岡田中公民館発行)に、西方寺平の糸柳や上漆原の日本川のことが紹介されている。

 前から気になっている糸柳の碑を訪ねる。10月、岡田由里のバス停から北へ、クマに注意の表示、ちょうど祭の日で太鼓山車を曳いた人たちに出会い、おにぎりをいただく。

1252553_img  糸柳の碑は地蔵堂の左手、草に覆われ、苔むしていて読み取りにくい。前記の本によると、自然石の正面は糸柳と大書し、傍らに太右衛門、下部に若緑林助、金尾弥十郎、絡竹之助、若竹榮助の四人が世話人として刻まれており、右面には弘化三年正月吉日とある由。

 近くの大庄屋上野家を見学。二階がかいこ部屋になっている。猪蔵神社の狛犬は子持ち、なかなか珍しい。

 岡田由里に戻って、由良川沿いに歩く。志高は4年前、台風23号で増水、バスの屋根の上で歌いながら励まし合い、救助を待ったという場所。もうその爪痕はわからない。増水で警報が発令されたら通行止めになるという看板が目立つ。

|

« 黒虎相撲など | トップページ | 荒岩甚左衛門、大湊宗七、勇瀧弥吉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/25129132

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田中の糸柳:

« 黒虎相撲など | トップページ | 荒岩甚左衛門、大湊宗七、勇瀧弥吉 »