« アジアとヨーロッパの肖像 | トップページ | 「駿遠の宿場と相撲」展 »

2008年11月18日 (火)

「江戸と明治の華」展

 「関西文化の日には国立国際美術館と東洋陶磁器美術館」とのトラックバックをいただきました。無料で、すばらしいものが見られてほんとうにありがたい催しです。

 大阪歴史博物館で12月8日(月)まで催されている皇室侍医ベルツの蒐集品を紹介する「江戸と明治の華」展も見ものです。岩倉具視の最後も看取ったとありましたが、美肌液「ベルツ水」でもおなじみです。

 絵画、陶磁器、漆器、見事な作品が並び、河鍋暁斎の絵もありました。これらのほとんどはドイツのリンデン民族学博物館に収蔵されており、いわば里帰り。岐阜、松江、仙台などまわってきて、来年は高岡、MOAで。

|

« アジアとヨーロッパの肖像 | トップページ | 「駿遠の宿場と相撲」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/25435161

この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸と明治の華」展:

« アジアとヨーロッパの肖像 | トップページ | 「駿遠の宿場と相撲」展 »