« 大碇紋太郎は獄死したのではありません | トップページ | 「駿遠の宿場と相撲」展を見る »

2008年12月 7日 (日)

今昔遊物語

 龍谷大学大宮図書館へ行って「今昔遊物語 ~おどる夢、あそぶ心~」展のポスタ-に気がつき、展観室に入りました。

 文学部博物館実習生が主催で、「自ら働きかけ、他者と積極的に関わっていこうとすることが遊びを成立させるのではないか」という考えにもとづいて、能動的・主体的な遊びを主に、古代・中世の雅な遊びから、近世のあそびの大衆化、そして現代の文明開化からいま、の3章にわたって展示されていました。

 よく集められていました。投扇興などもやらせてくれました。見事的中。百福図ではおたふくがまわしを締めて相撲を取っていました。

 解説もよく調べてあり、感心させられました。図録もいただきました。立派です。

 残念ながら期間が12月3日から6日までの三日間だけだったんです。

 

|

« 大碇紋太郎は獄死したのではありません | トップページ | 「駿遠の宿場と相撲」展を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/25979843

この記事へのトラックバック一覧です: 今昔遊物語:

« 大碇紋太郎は獄死したのではありません | トップページ | 「駿遠の宿場と相撲」展を見る »