« 「東本願寺の至宝展」に相撲勝負付 | トップページ | 噫! 荒木英信さん »

2009年5月17日 (日)

九重親方寄進の伊万里焼飾り壺

 妙心寺山内の大法院、特別拝観をやっていたので訪れる。松代藩主真田信之(幸村の兄)の菩提寺で、院号は法名大法院殿徹岩一明大居士に因んでいる。

 雷電為右衛門碑の撰文をしたためた、後に京都で暗殺された同郷の佐久間象山もここに眠っている。

 玄関を入ってびっくり、そこにはわたしの背丈より大きい伊万里焼の豪華な飾り壺、九重親方寄進とある。手形もある。住職と非常に親しいという。

 且坐喫茶をいただき、露地庭園を眺め、わび、さびの世界に。

|

« 「東本願寺の至宝展」に相撲勝負付 | トップページ | 噫! 荒木英信さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/29648609

この記事へのトラックバック一覧です: 九重親方寄進の伊万里焼飾り壺:

« 「東本願寺の至宝展」に相撲勝負付 | トップページ | 噫! 荒木英信さん »