« 響灘立吉の墓か? | トップページ | 如意輪寺への石段は四十三段 »

2009年7月 9日 (木)

書写・如意輪寺に高砂奉献の石仏

 書写の如意輪寺に高砂浦右衛門、響灘立吉らの名が刻まれた消闇塔があることはよく知られているが、境内に西国三十三ヶ所観音霊場巡りの石仏があり、その第壱番那智山は高砂浦右衛門が寄進していることがわかり、見に行ってきた。

 台石右面に「堪然勇智信士」、左面に「姫路 高砂浦右衛門」。

1292943_img  これらは天保六年三月に建てられたもので、戒名は力士のものと思われ、弟子の供養に奉納したのであろう。誰であるのかは目下不明。

 高砂は荒灘、岩山から改名した力士で、安政三年歿。

|

« 響灘立吉の墓か? | トップページ | 如意輪寺への石段は四十三段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/30468906

この記事へのトラックバック一覧です: 書写・如意輪寺に高砂奉献の石仏:

« 響灘立吉の墓か? | トップページ | 如意輪寺への石段は四十三段 »