« 書写・如意輪寺に高砂奉献の石仏 | トップページ | 名取川良助奉納の常夜灯 »

2009年7月10日 (金)

如意輪寺への石段は四十三段

 如意輪寺への石段下に椎名麟三の住まいが今も残っていて、今年の3月29日「椎名麟三文学碑」が建った。碑には

 「私の家は、女人堂という寺へ行く石段のたもとに建てられていた。

 私は、学校から帰ってくるとそこでひとりで遊んでいるより仕方がなかったのであるが、その石段への寺へ用事のある村人や ときたまやってくる参詣人たちが上がったり降りたりした(略)

 その石段は、四十三段あった。

 私は、この事実を誰かに教えたくて たまらなかったのだが、誰にも話すことができなかったのだ。」 『菱の花』(一九六〇年)より

1292942_img 1292941_img  これを読んだわたしも数えながら石段を登っていった。今も四十三段ある。

|

« 書写・如意輪寺に高砂奉献の石仏 | トップページ | 名取川良助奉納の常夜灯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/30483107

この記事へのトラックバック一覧です: 如意輪寺への石段は四十三段:

« 書写・如意輪寺に高砂奉献の石仏 | トップページ | 名取川良助奉納の常夜灯 »