« 上方相撲絵調査研究報告書 | トップページ | 響灘立吉の墓か? »

2009年7月 4日 (土)

初代玉の海と郷土力士展

 初代玉の海梅吉の顕彰碑を建てる、その基金の募集に「初代玉の海と郷土力士展」と題して写真展を催している。

 6月29日から7月3日まで、シーハットおおむらコミュニティセンター

 7月6日から10日まで、JA大村中央支店ロビー

 珍しいところでは、男女ノ川を中心に、右に双葉山、前田山、羽黒山、左に鏡岩、名寄岩、玉ノ海。後ろに出羽湊、中川(吉野山)、出羽海(両国)、春日野(栃木山)、竹縄(常陸嶽)が紋付き羽織姿で後援者との記念写真。

 その他、戦時中の写真、書(軸物、色紙)、ブロマイドなど。相撲史発掘家のご厚意で見せてもらった。

|

« 上方相撲絵調査研究報告書 | トップページ | 響灘立吉の墓か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/30400269

この記事へのトラックバック一覧です: 初代玉の海と郷土力士展:

« 上方相撲絵調査研究報告書 | トップページ | 響灘立吉の墓か? »