« 大阪の祭り | トップページ | ほんがら »

2009年8月 9日 (日)

賤ヶ浦三蔵の墓見つかる

 先祖の霊を迎えに近江八幡へ行く。雨なのでバスに乗る。窓から今まで見えなかったのに、寺の隣が空き地になって墓が見える。

 まずは大杉町で降り、日牟礼八幡宮の南を先祖の墓のある寺に行く。墓は整理して無縁墓群にある。

 例によって赤こんにゃく、ういろなどお盆に供える八幡の名物を買い、来たときに見えた墓を見に行く。

 あった! またまた霊が呼んでいた。

1292986_img  正面 俗名 志津ヶ浦三蔵、右面 天保三壬辰年六月、左面 施主 赤兎馬甚吉、台石 門弟中。寺は小幡町上の善住寺。右隣には鶴澤久藏(文化十年正月)の墓がある。

 番付には賤ヶ浦三蔵で出てくるが、天保二年まで上取り末に見えるので現役死亡。赤兎馬甚吉は中相撲に見え、北ノ庄町に、やはり、義太夫らと隣り合わせに墓がある。

 

|

« 大阪の祭り | トップページ | ほんがら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/30893610

この記事へのトラックバック一覧です: 賤ヶ浦三蔵の墓見つかる:

« 大阪の祭り | トップページ | ほんがら »