« 横綱磯風の化粧廻し | トップページ | 大鵬さん、おめでとうございます »

2009年11月 1日 (日)

関西考古学の日、関西文化の日

 京都市考古資料館開館30周年記念事業「京都 秀吉の時代」展がきょうから1年間展示される。11月14日には京都アスニーで文化財講演会も催される。

 きのうはスタンプラリー「聚楽第と御土居を巡る」も催され、たくさんの人に混じって歩いてきた。聚楽第がどこにあったかまだ確定されていないが、ふだん入りにくい団地の奥に、北の丸北濠と推定される石垣などもコースに入っていた。

 うれしいことにゴールした北野天満宮でお茶とお菓子の接待、そして発掘された瓦や木簡、キリシタン墓碑の絵はがき8枚を記念にいただいた。

 午後は百万遍の古本まつりへ。ここも人でいっぱい、こんな本もあるのかと見て回って結局は買わず。

 大山崎町歴史資料館でも「豊臣秀吉と大山崎」展が10月10日から11月29日まで催されていて、講演会や現地見学会がある。

 「関西文化の日」、11月14,15日には約400施設が無料となる。「関西考古学の日」のスタンプラリーも例年通り、11月30日まで催されている。

 「淀城と勝龍寺城を巡る」スタンプラリーはこのところ毎年行われているが、長岡京市と京都市の共催で、京阪淀駅、JR長岡京駅の双方から午後1時にスタートする。これも関西考古学の日のイベント。

|

« 横綱磯風の化粧廻し | トップページ | 大鵬さん、おめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/32024997

この記事へのトラックバック一覧です: 関西考古学の日、関西文化の日:

« 横綱磯風の化粧廻し | トップページ | 大鵬さん、おめでとうございます »