« 続・玉ノ海梅吉顕彰碑 | トップページ | 淀城と勝龍寺城を巡る  »

2009年11月20日 (金)

史学は死学にあらず

 ことしの「関西文化の日」には、“史学は死学にあらず 「中川泉三と蒲生郡」”のテーマに魅せられて安土城考古博物館へ行く。この催しは長濱、栗東、愛荘、米原の博物館でもほぼ同時に行われている。

 安土駅前にある土俵のまわりが掘り返されている。この頃使われなくなってと、改造されるようだ。

 中川泉三は「蒲生郡志」などの郷土史に関わっていて、その史料収集の厖大さには驚く。丹念に記された日誌、書簡、そして佐々木源氏の系図が偽物であることの実証など目を引く。

 長濱は終了、栗東は11月23日まで、安土、愛荘、米原は12月6日まで。

|

« 続・玉ノ海梅吉顕彰碑 | トップページ | 淀城と勝龍寺城を巡る  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/32282523

この記事へのトラックバック一覧です: 史学は死学にあらず:

« 続・玉ノ海梅吉顕彰碑 | トップページ | 淀城と勝龍寺城を巡る  »