« 玉ノ海梅吉顕彰碑除幕 | トップページ | 史学は死学にあらず »

2009年11月17日 (火)

続・玉ノ海梅吉顕彰碑

 玉ノ海梅吉顕彰碑除幕式に参列、その模様を撮られた相撲史発掘家田中健さんから写真と関連記事が届いた。

 それを見ると、台石の正面には「顕彰 玉ノ海梅吉生誕記念碑」とあり、書は二十九代庄之助、土俵をかたどった上に建てられている。

 左面に発起人の名があり、大村出身の金開山(現稲川)の名もある。彼は9月17日付の長崎新聞の声欄に「玉ノ海さんの功績伝えたい」とその心境を寄稿している。

|

« 玉ノ海梅吉顕彰碑除幕 | トップページ | 史学は死学にあらず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/32244439

この記事へのトラックバック一覧です: 続・玉ノ海梅吉顕彰碑:

« 玉ノ海梅吉顕彰碑除幕 | トップページ | 史学は死学にあらず »