« 名古山霊苑 その2 鳰ヶ谷林之助 | トップページ | 名古山霊苑 その4 廣之海冨五郎 »

2009年11月 9日 (月)

名古山霊苑 その3 御所嶋藤右衛門

 山を下りて無縁塔に向かう。あちこちに無縁塔はあるが、11区と12区との間にあるところである。夏に来たときは猫が墓地から車道にまでいっぱいいて、猫を棄てないで下さいとの掲示もあったが、どこに行ったのか、処分されたのか全く見かけなくなっていたが、無縁塔には四匹いた。

 茶色は走って逃げ、黒二匹は木陰で寝そべり、白は墓石の上でかしこまり、熱心にわたしの行動を見つめている。「おーい、猫の手も借りたいんだ」と呼びかけたが、ニャンとも答えず。

1303100_img  まずは御所嶋藤右衛門、正面に「江戸石丁二丁目」の肩書きがある。左面は「釋」しか見えない。番付では寛政五年まで江戸番付に見えるが、同六年は大坂番付で江戸頭書、同八年五月、七月は大坂頭書となっている。歿年月日や右面に刻まれている文字が読めないのが残念。多分八年末か九年に姫路で亡くなったのであろう。

 

|

« 名古山霊苑 その2 鳰ヶ谷林之助 | トップページ | 名古山霊苑 その4 廣之海冨五郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/32140463

この記事へのトラックバック一覧です: 名古山霊苑 その3 御所嶋藤右衛門:

« 名古山霊苑 その2 鳰ヶ谷林之助 | トップページ | 名古山霊苑 その4 廣之海冨五郎 »