« 御舟潟虎之助「万日記」 | トップページ | 御土居絵図デジタルコンテンツ »

2010年1月28日 (木)

鷲ヶ濱音右衛門像を写真で見る

 南島原市有家町小川名の熊野神社に鷲ヶ濱音右衛門のブロンズ像が建立され、その除幕式が23日に行われたが、その様子を撮った写真が相撲史発掘家田中健さんから届いた。

 像は長身で筋骨隆々、嶋原藩の化粧廻しを締めて立つ。台座に「建立の辞」があり、松嶋万兵衛門の分家小川名清水、宮相撲大関、貞次郎とある。そして、力士になったいきさつが刻まれている。

 長文で、島原城下での興行、熊野神社に奉献の鷲を彫り込んだ手洗石などにも触れている。

|

« 御舟潟虎之助「万日記」 | トップページ | 御土居絵図デジタルコンテンツ »

コメント

今日、今回の発起人の江越さんから、当日の記念品や、当日の模様を伝えた新聞のコピーなどを送っていただきました。

投稿: jingoyama | 2010年1月29日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/33157956

この記事へのトラックバック一覧です: 鷲ヶ濱音右衛門像を写真で見る:

« 御舟潟虎之助「万日記」 | トップページ | 御土居絵図デジタルコンテンツ »