« 鷲ヶ濱音右衛門像を写真で見る | トップページ | 「黒船来航と力士たち」 »

2010年2月 7日 (日)

御土居絵図デジタルコンテンツ

 昨日今日と積雪、冷え込む毎日だが積雪は今冬初めて。

 京都大学総合博物館で始まった「御土居絵図デジタルコンテンツ完成記念展覧会「いま、御土居がよみがえる」を見に行く。

 「御土居絵図」は第1巻から第7巻まであり、築造から約100年後の元禄15年に作成されたもので、そのすべてが展示されている。管理を担っていた角倉氏が作成、使用していたもので、付箋が貼られていたりする。御土居には竹が植えられていて、禁裡や祭礼(竹垣、竹矢来など)に使用され、民間にも払い下げされていた。

 デジタル化によって元禄時代の御土居が再現され、楽しい。寛文8年、貞享3年、天保2年、文久2年の京大絵図も展示されている。

 昨日は記念講演会「御土居と朝鮮出兵」、「幕末の御土居」もあり、3DCGを使用しての解説に超満員。秀吉が朝鮮どころか、唐、さらに寧波をも視野に入れていたという話など興味深く拝聴してきた。

|

« 鷲ヶ濱音右衛門像を写真で見る | トップページ | 「黒船来航と力士たち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/33280027

この記事へのトラックバック一覧です: 御土居絵図デジタルコンテンツ:

« 鷲ヶ濱音右衛門像を写真で見る | トップページ | 「黒船来航と力士たち」 »