« 『郷土力士と大相撲展』 | トップページ | 揖西町の土師神社 »

2010年3月27日 (土)

布勢駅家

 小神の墓地には今一つ、楠之戸宗吉の墓がある。右面に「安政六己未七月十三日 大濱石松建之」とあり、台石正面に「門弟中」、同左面に世話人の名がある。

 ここから西へ、景雲寺地区の墓地に三坂山五左衛門(水本勇助)の墓、右面に「明治九年九月三十日」、台石に「門弟中」。

1323242_img  さらに西へ、峠を越すと小犬丸、ここのバス停がある東村自治会館の前に、「小犬丸遺跡 ー布勢駅家(ふせのうまや)ー」の説明板が建っている。

 1983年土器の底部に「駅」と書かれたものや、「布勢駅……」と書かれた木簡が出土して古代山陽道の駅家が置かれていた場所と立証された。

 先に安芸国の高庭駅家跡に大伴君熊凝供養碑が建っていることに触れたが、熊凝も布勢駅家を通って平城京での相撲節会に急いだことであろう。

|

« 『郷土力士と大相撲展』 | トップページ | 揖西町の土師神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/33953246

この記事へのトラックバック一覧です: 布勢駅家:

« 『郷土力士と大相撲展』 | トップページ | 揖西町の土師神社 »