« 小河観音堂、若狭野大避神社 | トップページ | 若狭野町下土井の大避神社板番付 »

2010年4月25日 (日)

長谷川等伯

 会社の方に招待券をいただいて、23日は定時に会社を閉め、急行バスに乗って京博へ、ただ今50分待ちですの表示。

 「長谷川等伯」展は会期がたった27日間と珍しく短いだけに、長蛇の列。ようやく入った会場内はわりとスムーズに。七尾時代の仏画から最近発見された花鳥図、そして、大きな大きな涅槃図、そして障壁画の数々を堪能する。

 春の非公開文化財特別公開が始まった。等伯ゆかりの寺院が多い。24日は妙蓮寺を訪ねる。収蔵館に等伯や息子宗宅らの襖絵がある。現在使われている部屋には幸野楳嶺と孫の襖絵、墓地に楳嶺の自然石の墓がある。生前、庭石として愛していたものである。

 墓地には「天文法乱殉死者」「天明大火焼死者」の供養塔、さらに昭和2年の丹後地震で校舎の下敷きとなった西陣小学校児童の供養塔もある。

1333336_img  近くの本法寺へ。ここに等伯の墓が平成14年に建てられた。嚴淨院等伯日妙大居士。

 狩野派に比べて力を失い、以前の墓はここにあったのだろうか? 『平安名家墓所一覧』などにも出ていない。

|

« 小河観音堂、若狭野大避神社 | トップページ | 若狭野町下土井の大避神社板番付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/34376973

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川等伯:

« 小河観音堂、若狭野大避神社 | トップページ | 若狭野町下土井の大避神社板番付 »