« 河内長野市郷土研究会誌 第52号 | トップページ | 西有年の二本杉 »

2010年5月 4日 (火)

頭塔

1333368_img_2  奈良市にある頭塔を見に行く。方形七段の土塔、僧玄肪の頭を埋めた墓という伝説があり、大正11年(1922)国指定の史跡。

 廻りにはホテルも建って見えにくくなっていて、気づかない人も多い。入口近くの人が鍵を預かっていて、頼めば明けてくれるらしいが、一人では気が引けて、今回初めての特別公開に駆けつける。

 ピラミッド型をしていて奇数段に石仏が祀られている(現在28基が確認されている)。特別公開は9日まで。

 今月中特別公開の元興寺収蔵庫、璉城寺の阿弥陀如来立像、そして奈良博の「大遣唐使展」をも見る。今、奈良は人でいっぱい、平城遷都1300年祭でにぎわっている。

 それにしても奈良町は坂が多いのに気づく。年を取ったからかなあ。

 

|

« 河内長野市郷土研究会誌 第52号 | トップページ | 西有年の二本杉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/34511906

この記事へのトラックバック一覧です: 頭塔:

« 河内長野市郷土研究会誌 第52号 | トップページ | 西有年の二本杉 »