« 加西市史にも力士墓碑一覧 | トップページ | 旧揖保川町、御津町を歩く »

2010年11月 1日 (月)

「生誕100年特別展 白州正子」

 雨、予定を変更して、滋賀県立近代美術館へ行く。生誕100年特別展『白州正子 「神と仏、自然への祈り」』は展示の方法がすばらしかった。

 それぞれの解説は白州正子の著作物のその部分が原稿用紙に印字されており、しかも大きくて読みやすく、楽しい。また、西国三十三ヶ所の旅に出て、近江の山の上から新幹線が颯爽と走りすぎるのを見て、優越感にひたったものだ。おまえさんはすぐ古くなるだろうが、こっちは千数百年を生きた巡礼をしているんだ、ざまぁ見ろ、と叫ぶ画面も流れる。

 ふだんお目にかかりにくいものが出品されている。焼けただれた神像や仏像もある。図録も一冊のものではなく、それぞれの分野ごとにケースに入れられていて、見やすい。

 御上神社の相撲人形は滋賀県では出品されていないが、愛媛県美術館(2011年1月29日~3月6日)、世田谷美術館(2011年3月19日~5月8日)には展示される。

|

« 加西市史にも力士墓碑一覧 | トップページ | 旧揖保川町、御津町を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84424/37481403

この記事へのトラックバック一覧です: 「生誕100年特別展 白州正子」:

« 加西市史にも力士墓碑一覧 | トップページ | 旧揖保川町、御津町を歩く »